2008年01月22日

買い場より売り場が難しい

グロース株(優良株)の投資

株式市場では、
成長著しい銘柄があります。
「任天堂」などはその当時の銘柄としては
「グロース株」の良い例です。

成長力が抜群なため
「株価収益率」(PER)は高い銘柄が多いのですが;

PER = 現在の株価 ÷ 一株利益

ここで、
PERを理解している方は、
「チョット変だぞ」と思った方も
おられると思います。

と申しますのは、
普通、PERが低い方が
「買われ過ぎてないので」
投資対象になりうる銘柄だと
言えるからです。

しかし、
優良株の場合は「高PER」「高PBR」が
普通の現象として現れます。
これは、
多くの投資家によって
人気を得ている証拠なのです。
これらの銘柄は
年々その人気度を上回って成長し続けますので
多少の買われ過ぎは
直ぐに解消されてしまいます。

このような銘柄に、
長期の資金を投入して大きく育てることが
「グロース株」投資の旨みと言えます。
ただ、
株式投資は「グロース株」も含めて
買い場より売り場が難しいと言えます。

それは、
どの時点で成長がとまるのか?
多くの投資家の資金投入がどこで止まるのか?を
判断することが難しいからです。

そのための緻密な「テクニカル分析」や
「ファンダメンタルズ分析」も
大切になってきます。
せっかく儲かって売っても、
売った時点から更に大きく上がると
「儲かった」にも係わらず
「損した気分」になるのが
人間ですから。
posted by 美樹本恵吾 at 15:17 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80068586

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。