2008年01月18日

日数をかけずに、効率良く

波動理論応用の短期投資法

波動理論応用の短期投資は、
前項の中期波を利用した投資を
更に細分化して短期波動を利用し、
回転売買で合理的に
利益を実現して行こうとするものです。

先にも説明いたしましたが、
長期波動の中に中期波動、
中期波動の中に短期波動が
含まれています。

この短期波動も;

「上昇五波動→下降三波動→上昇五波動→下降三波動→上昇五波動」

で上下を繰り返していますので、
この習性を利用して売買することで
合理的に利益を実現していくわけです。

例え上昇場面といえども
「上昇波動3回、下降波動2回」で
必ず下降(調整)する場面があるわけですから、
「谷」で買い「山」で売るのを繰り返したほうが、
一旦安くなったものが出直って
次の高値をとってくるまで待つよりも
資金効率や時間効率は
良くなるのです。

益だしするのにあまり長い日数をかけたくない方、
資金を効率良く使用したい方に
適した投資法です。
posted by 美樹本恵吾 at 16:33 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。