2008年01月10日

ワンパターンの対応では、適切な投資判断とは言えません

「為替相場」はお金の流れの実体を表す

円高と円安の局面が顕著に現れた時、
株価に対する影響を推測し
株価の方向を決定しなければなりません。

「為替」が円高になると
ニュース等のコメントでは
「急激な円高」で「株式市場は主力株中心に売られました」
などと言うことをよく耳にします。

しかし、
その後の株価をたどって見ますと、
下げても直ぐに戻るか、
それ以上に高くなっているケースが多いのです。
単純に「円高」イコール「株安」という、
ワンパターンの対応では、
適切な投資判断とは言えません。

そこで具体的に「円高」「円安」の原因を理解し、
その原因によって
株価への影響が異なることも
覚えておきましょう。


投機的な動きで日本市場にマネーが流入してきていることが原因で
  「円高」になっている時 ⇒ 「株高」

日本経済が、成長過程にあり外国よりも経済の実力が評価されて
  「円高」になっている時 ⇒ 「株高」

外国、特にアメリカ経済が不況でドルが売られることによって
  「円高」になっている時 ⇒ 「株安」

アメリカをはじめ外国の経済が好調でドル買い先行で
  「円安」になっている時 ⇒ 「株高」

政府の「円高介入」によってドル高を是正して
  「円安」になっている時 ⇒ 「株安」

日本経済が不況で企業業績・財政 等に不安が生じて
  「円安」になっている時 ⇒ 「株安」

となります。


したがって、
短絡的に「円高」だから
企業輸出が減少して不況になり
「株安」となるとか、
「円安」で輸出が盛んになり
企業業績が好転するから
「株高」になると思うのは
慎まなければなりません。

為替変動の内容を良く吟味し、
実体を理解して投資の方針を決定することが
「株で勝つ」ための基本なのです。
posted by 美樹本恵吾 at 15:04 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。