2007年11月15日

「株価」と「景気」

景気

経済は、
右肩上がりに継続して上昇し続けることはありません。
「好況」と「不況」を繰り返しながら、
成長していくことが理想です。

当然、
「好況期」には株価は上昇しますし、
「不況期」には株価も下がります。
しかし、
株価の上昇・下降は
経済の「好況期」「下降期」に
全く一致して動く訳ではありません。

むしろ、
「株価」は景気に
半年ほど先行して動くと言われています。
従って、
「株価」は景気の先行指標
と言うことができます。


景気の変動は;

「不況」⇒「景気回復」⇒「好況」⇒「景気後退」 を繰り返しています。

ここで、
「与件1;金利」で説明した
金融政策を思い出してください。

政府日銀は不況時には、
「金利を低めに誘導」し
「市中の貨幣量を多く」することで、
景気を喚起する政策を実施します。

「不況時」には、
それほど資金需要が旺盛でないため、
余剰資金が株式市場に流れ込み、
株価が上昇する現象が生じます。
このことを
不況の株高「金融相場」と言います。

その後、
政府日銀の金融政策の効果が示現し、
企業の業績が良くなり始めますと、
企業業績を囃して
株価は更に上昇します。
この時点の相場を
「業績相場」と言います。

更に企業の活動は活発になり「好況」になりますと、
「インフレ」を抑制し
一気に景気が落ち込んで「恐慌」にならないように、
日銀は前もって
「金融引き締め政策」を行います。
この時「株価」は
先取りして下降し始めます。
このことを
「逆金融相場」と言います。

そして、
企業業績が下降し始め、
「景気後退」が始まりますと
株価も下降を続けます。
これを
「逆業績相場」と言います。

この様にして
景気循環と株価は連動しながら
循環しているのです。
この循環を対応させて見ますと、

「不況」(金融相場)⇒「景気回復」(業績相場)⇒「好況」(逆金融相場)⇒「景気後退」(逆業績相場)となります。

株式相場は
景気循環を先取りして
動いていることが理解できます。
posted by 美樹本恵吾 at 17:33 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。