2007年11月07日

株価の決定要因

なぜ株価が変動するのでしょう?

株価は、
企業の現在価値を表示しています。
当然企業の価値は、
あらゆる政治経済などの企業を取り巻く環境によって
刻一刻と変化します。
ここでいう変化とは、
将来の企業の評価まで含めた
価値の変化です。

勿論、
現在の1株実質価値は
「純資本÷発行済み株式数」で
割り出すことができます。

しかし、
株価はまず現在の実質価値と
一致することはありません。
それは株価が先の先までの企業価値を
織り込む習性があるからです。
そこで株価を決定する要因は
どんなものがあるのでしょうか。

株価の決定要因には
大きく分けて
「企業独自の要因」と
企業活動をとりまく
「政治経済の与件としての要因」です。

「企業独自の要因」としては;

 第一に、何と言っても「企業の業績」です。この企業業績は直接的に株価に影響します。
 第二に、企業の製品開発力やブランド・人気度など。
 第三に、新しく市場を創造する新製品やサービス・新技術の評価。
 第四に、将来の経営戦略が時流を捉え、将来性に富んでいる。

 その他、ということになります。


「政治経済の与件としての要因」としては;

 第一に、金利や為替などの経済的与件の変化。原油等の商品市況。
 第二に、政治動向。特にアメリカの政策と日本の政策。
 第三に、時代背景。自然環境。
 第四に、国際情勢。海外の市場、紛争や戦争など。

この他にも多くの要因がありますので、
色々なニュースに注意を払い、
株式がどの様に動くか
常に注意を払っておくことが大切です。


◎短信メモ;時価総額

株式投資をしていますと
よく時価総額という用語を
耳にする機会が多くなります。
時価総額は
個別銘柄と市場全体の全ての上場銘柄で
使われることがあります。
個別銘柄時価総額は、
現時点の株価に上場株数を乗じて計算します。
一方、
市場全体の時価総額は、
ある時点での上場している銘柄の時価総額の合計で算出されます。
posted by 美樹本恵吾 at 19:41 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65133807

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。