2007年02月08日

先回りこそ

外人投資家に負けないための基本的な知識!

このサイトでは、外人投資家の売買状況に常に注意を払っておくことが大切ですと言い続けております。

特に寄り付き前の外国証券経由の注文動向は、相場の傾向を占う上では非常に参考になります。

そこで、何とかこの外人の鼻をあかして彼等だけに儲けさせるのではなく、私たちも儲けましょうというお話しです・・・。

そのためには「敵を知り、己を知れば、百戦して百戦危うからず」という孫子の兵法にならって、外人投資家の習性を逆手にとって先回りの戦法をとらなければなりません。

そこで外人投資家の具体的な行動パターンを分析してみましょう。

1.外人の年度末は12月。クリスマス休暇やその前には買い手控えがおきやすい。

2.8月も長期の夏休みをとるため外人の売買が細る傾向が強い。

3.今後円高に振れそうな時は、日本株買いは外人にとって魅力的

4.ニューヨークダウの上下に日本株はさや寄せする傾向が強い。

5.原油高で潤った余剰資金の買いがはいる。

などの傾向があります。そして、持合い低迷相場のある時点から、急激に外人の買いが活発になって上値取りが始まります。

この上値取りが始まる前に、私たちは彼等の売買が細って株価が低迷している時を狙って、タイミング良く仕込むことが大切です。

先回りこそ利益に預かれるということを肝に命じて行動しましょう。

外人に負けるな!

---------------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
posted by 美樹本恵吾 at 15:44 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33206100

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。