2006年12月22日

人の行く裏に…

株式相場も「満月は欠けます」!買い上がるのもほどほどに!

相場が過熱して絶好調な時は「誰もが株は儲かる」と思い込んで、信じて疑わないものです。

よく言われることに「主婦が買い物籠をもって証券会社に行くようになったら相場は終り」と!

普段はスーパーのバーゲンチラシを隅から隅まで調べて、1円でも安いものを買おうと
一生懸命の主婦が「株は儲かる」と思うようになった時です。

このことは、「絶好調の個別銘柄」にも言えるのです・・・。

株式市場には、時代の流れや流行に乗って業績を伸ばし「絶好調」
「飛ぶ鳥を落す勢い」の企業が必ず存在します。
そんな銘柄は、多くの投資家の期待を背負って人気を集めています。

ところが、このような銘柄には一方で多くの人には見えない「落とし穴」があります。
「絶好調の状態は永遠には続かない」のがこの世の習い!

澄んだ夜空に輝く「満月」も、今を盛りと咲き誇る「満開の桜」も時と共に
「月は欠け」「桜は散り」ます。

多くの投資家がまだまだ伸びると信じてやまない「儲かっている」企業も
予想外の業績の頭打ちになった時、期待が大きかっただけに
株価は買われ過ぎの状態にあるのですからたまりません。

業績発表後は、「ストップ安」「ストップ安」で値を消していきます。

思い出してみれば、ソフトバンクやファーストリテイリング(ユニクロ)にもそんな時が有りました。
ここが、株式投資の難しいところですね。

誰もが良い会社として疑わない会社こそ、その期待が大きかっただけに、
大きな失望を伴って売りが売りを呼ぶのですね!

株式投資では、「先手必勝」「人の行く裏に道あり花の山」です。

----------------------

稼いでいる投資家が実践した
噂の投資法とは?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
posted by 美樹本恵吾 at 22:44 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。