2006年12月08日

銘柄選定テクニック

資金効率の大きい銘柄をゲットして大儲け!

日経平均がにわかに動き始めています。
貴方の銘柄も利が乗り始めていますでしょうか!

「個別の銘柄は全体相場に同調する動きを示す」ことは、何度となくご説明いたしておりますが、中には上がってはいるものの上昇率が平均値よりも低い銘柄を持っていて、悔しい思いをしていらっしゃる方も居られるのでは。

今日は資金効率大の銘柄選定テクニックです・・・。

残念な思いをされている方のために、平均値をより大きく上回る上昇率(大儲け)を示す銘柄選定のテクニックをご紹介しましょう。

それには、まずご自分の注目銘柄を色々な業種から選択してみてください。
偏った業種ですと「テーマ」から外れていた場合、骨折り損になってしまいますから。

選定は、ご自分の好きな銘柄でかまいません。選んだ銘柄を一銘柄づつ分析します。
貴方が選んだ銘柄が東証1部の場合は「日経平均」「TOPIX」「1部単 純平均」等の指標を、
2部やジャスダックの場合は、対応する指標を使います。

今、貴方は1部の「A銘柄」を選んだと仮定します。

出来れば、10日ぐらい遡って「1日1日」次の計算をしてください。
ここでは1部単純平均を使います。

(A銘柄のその日の終値)÷(1部単純平均の該当する指数)× 100

この計算をA銘柄の日々の終値で継続して行い(出来ればグラフにすると良いでしょう)
数値が上昇に転じた時を見計らって買いに入ります。

ここで数値が上場に転じた時点というのは、全体の平均上昇率をA銘柄の
上昇率が上回ったことを意味している訳です。

こんな簡単な作業で平均上昇率よりも大幅に儲かる銘柄を簡単に選定できるのですから、やらない手はないですね!
投資資金は有効に使いましょう!

-----------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
posted by 美樹本恵吾 at 14:25 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。