2006年08月09日

理想的には…

1日で25日移動平均を再クリアー!理論的にはもう一押しあれば完璧!

8日の米FOMCでFFレートの引き上げ休止を先取りする形で7日に下げた分を取り戻した東京市場ですが、8日のニューヨーク市場の動きによっては、多少のブレがあるかもしれません。

8日の東京市場を日経平均日足チャートで見てみると確かに1日で25日線を再度上回ってきましたが、実は、310円高の陽線は、7日の345円安の陰線の高値を抜いておらず、ハラミ線となって完全に陽転していません。

今後の動きは90%以上ニューヨークと外人の動きにかかっているといって間違いありませんが、ここでは、テクニカル的にもう少し理想的な動きを追ってみたいと思います。

昨日までの説明では、7日の下げは予定どおり「エリオット」ではエクステンション(勢い余って一波動多く形成すること)からの調整局面をむかえたことを指摘しておきました。理論上はエクステンションを伴った三波動が終了したということは、短期的には調整二波動を形成することが想定されます。

二波動といっても超ミクロで見ていますので、7日の下げと8日の上げでもう一波動終了しています。できれば、もう一回大きくない(7月27日ザラバ安値14839円を下回らないこと)調整を通過すし、更に8月3日のザラバ高値15441円を抜いてくれば理想的な動きとなってきます。

更に理想的には、下値支持線あたりの15000円を割らずに反騰してきた場合は、心配される15700円から15400円のボックス相場ではなく、15700円を抜けて完全な上昇波動に乗ってくる可能性が大きくなります。

ただ、8日のFOMC次第で、この理想的な動きを破り(チャート破りで)一気に7日のザラバ高値、15516円をクリアーしてきた場合には、完全陽転となりますので乗り遅れないようにしましょう。

まずはそのあたりに注意しながら、今後の相場を見てゆきたいと思います。

---------------------

なぜ?この投資法が稼げるのか?
その秘密を知りたい人はいませんか?
   ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル
posted by 美樹本恵吾 at 16:06 | TrackBack(1) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

株式市況
Excerpt: 株式市況株式市況(かぶしきしきょう)は東京、大阪、名古屋などの証券取引所で取引される証券取引市場の模様を新聞やテレビ、ラジオ、インターネットで伝えるコーナーを意味する。.wikilis{font-si..
Weblog: かぶ!カブ!株!
Tracked: 2006-08-11 08:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。