2007年11月27日

オンラインか、窓口・電話か

ネット取引と普通取引

昨今では、
インターネットを使った取引が普及し
株取引が気軽にできる様になりました。
インターネット(オンライントーイド)を使わない「普通取引」は、
証券会社の窓口に出向くか、
電話で発注する方法が一般的です。

普通取引の場合は、
証券会社の営業時間中でないと
売買注文はだせません。
また証券会社の営業マンか、
連絡の担当者がつくのが通例です。

色々わからない事を相談したり、
手続が不安だったりした場合には、
営業マンや担当者がついていると安心ですが、
反対にじっくりと自分のペースで銘柄選定したり、
何時でも空いている時間に発注を出したい等、
自由に株取引をしたい方は、
オンライン・トレイドは大変便利です。

将来「デイトレイド」のように
頻繁に株式の売買を行いたい方は
オンライントレードの方が
「売買手数料」も安く
使い安いかも知れません。

最近では、
財務情報、
アナリスト情報、
リアルタイム株価サービス、
銘柄情報、
株価ランキング等、
証券会社のHP(無料)を利用できるようになり、
オンライン・トレイドでの情報収集も
できるようになってきました。
posted by 美樹本恵吾 at 20:03 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。