2007年11月19日

国際ニュースと株価

国際情勢

世界の政治状況や
国際的な重大ニュースによって
日本の株式市場も大きく影響を受けます。
過去の国際情勢や重大ニュースで
株価が大きく反応した例を
紐解いてみましょう。

1953年3月5日 
スターリン・ショック・・・当時ソ連の首相スターリンの死去で朝鮮戦争特需がなくなると事を危惧して大きくさげた。

1971年8月16日
ニクソン・ショック・・・・兌換紙幣(金と交換できる)の米ドルを、金との交換を停止し、10%の輸入課徴金を課すことでドル防衛を発表。株価は暴落する。

1987年10月20日
ブラック・マンデー・・・・ニューヨーク株式市場を震源地に「双子の赤字」(財政・貿易赤字)懸念で大暴落。世界中に波及した。

2001年9月11日
米国同時多発テロ・・・・・ニューヨーク世界貿易センタービルにハイジャックされたジャンボ機が突っ込み、米国防総省なども被害を受け、米国内は大混乱に陥る。世界中の株式市場で大きな影響を受ける。

このように、
国際情勢が株価に大きな影響を与えます。
その他、
経済的に大きく相互依存している
アメリカの株式市場の動向、
そして最近では
政冷経熱で少々カントリー・リスクのある
中国の動向などにも注意しておきましょう。
posted by 美樹本恵吾 at 16:20 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。