2007年04月27日

何故、投機資金が金市場に流れ込んでいるのか?

金の高騰と将来のインフレの可能性は!

近年、金相場の騰勢が止まりません。
多少の振れはあるものの高値追いが続き、ついに1トロイオンス$700に手が届くところまで来ました。

今までも、数年来の新値を再三更新していましたが、その勢いは留まることを知りません。

今、日本の金現物市場では、過去に安く買った金を売って現金にして利益確保に走る動きが加熱しているとか!
チョットもったいない気がしますね!

ところで、何故、投機資金が金市場に流れ込んでいるのか、そして株価への影響は・・・。

歴史的に金が買われる場合には色々な局面があります。例えば;

(1)戦争による世界の政情不安による通貨から金へのシフト
(2)金にたいする急激な需要の増大
(3)インフレヘッジのための金買い

などです。

今回の金買いは(1)ではなく、(2)の新興国の「金にたいする急激な需要の増大」が原因で、供給不足気味の金への資金流入という側面が垣間見られます。

更に、(3)将来に対する「インフレヘッジのための金買い」の側面もあります。

貴方が今回注意しておくべきことは需給と長期金利の動向そして物価水準です。

双方とも上昇基調ですと当然インフレ懸念が台頭しますが。

これは中国人民元の変動制移行などとも深い関係があります。

ただ資本主義経済である以上、緩やかなインフレ傾向(クリーピング・インフレーション)は、今まで日本経済が直面してきたデフレーションに比べれば遥かに健全なのです。

そこで、株式投資への対応ですが、金の高騰とインフレは現実的に貨幣価値が下がる現象ですから、万人が認める価値を有する物を持っていることが有利なわけです。

ズバリ「株は買い」です。

---------------------------

日経225にも効果的です。
   ↓↓

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 16:01 | TrackBack(1) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

今人気の例の投資法…儲かりますか?

日経225やデイトレのようなその日暮らしの投資法を反省する時期到来!

株式投資で最も重要なことは、どの時点で上昇トレンドとなり、どの時点で下降トレンドになるかというターニングポイントを正確に掴むことです。

最近では、日経225先物やデイトレードが人気を集めていますが、年率で大幅にキャピタルゲインをあげているのは、中・長期投資でテクニカルとファンダメンタルズ分析を駆使して投資されている方々です。

残念ながら225や個別銘柄のデイトレをされている方は、大多数の方が儲かっていません。

このことは、日々の値動きに翻弄されている、あなた自身が一番よくご存知のことと思います。

そのことは、株価のターニングポイントをしっかりと把握し、中・長期で投資に臨めば、儲かるチャンスは遥かに広がることを意味しています。

それでは、株価の転換点を計るには、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか?

個別の銘柄の業績を把握することは当たり前のことですが、加えて見ておかなければならないのは、まず株価を押上げる又は下げる経済的与件を注意深く観察する必要があります。

具体的に注意を払わなければならないのは、金利、マネーサプライ、が国内要因としては大切です。

物の価値(価格)はどのように決まるかは学校でも習ったと思いますが、需要と供給によって決まるということは貴方もご存知と思います。

実は株価も「お金が市場にどのくらい出回っているか?」つまり、国内における通貨の供給量(お金がダブツイているか、それともショートしているか)とそのお金が株式市場に流れ込んできているか否かで決定されます。

国内要因だけではなく、もうひとつ注意を払わなければいけないのは、外国からの資金の流入の状態です。

今日の株式市場では、国内要因より外国からの資金流入の方が株価に対して大きな影響を与えるようになっています。

したがって、外人の売買動向は最も大切なチェック項目となります。

それらのことを踏まえて更に全体指標をテクニカルで分析していると、ターニングポイントを把握できます。

これによって、投資戦略を変えてゆくことができ、確率の高い投資ができるのです。

どうか、これらのチェックを怠りなく!

----------------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 15:02 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

ソフトバンクは一部上場銘柄ではありますが…

久しぶりソフトバンクが大幅高!不振の新興市場の先導役になるか?

今週末に、重要な経済指標の発表や日銀金融政策決定会合を控え動き辛い環境に加え、前日のニューヨーク安も手伝って朝方から日経平均は90円安で寄付き、一時150円近くまで下押す場面もありましたが、その後買い戻され結局3円60銭安で引けました。

この日、目立ったのは、先月22日ザラバ高値3190円をつけて以来、ほぼ一ヶ月間、一貫して下げ続けたソフトバンクの動きです。

ソフトバンクは一説によると、一部上場銘柄ではありますが、その性質上、新興市場の指標銘柄とか連動性が強いとか言われています。

よくよく観察して見ますと、その傾向は強いようです。

ところで、24日のソフトバンクは、朝方安く寄り付いた後、前日付けた直近の安値2500円を一文下回る2495円まで下げました。

この時点では未だ下げ止まらずとの観測でしたが、その後反転攻勢に転じ大引けは130円高い2650円の高値引けとなり、25日に繋げる動きの強さを見せました。

テクニカル分析の3本足で見ますと、3日前の寄付き2600円を実体で上回ってきました。

また、上髭の2650円は面合わせ、4日前の終値2630円も実体でクリアーしてきています。

このことから、新値3本足が陽転しました。テクニカル的に見れば新値3本足が陽転し、目先底値圏の大陽線は、底打ちシグナルとして重要な指標であることに間違いはありませんが、大幅高ゆえに一旦売りが出てもおかしくはありません。

そのように警戒していると、取り付く余裕もないまま上がっていってしまう場合もあるので厄介です。
しかし、押せばチャンス、上昇もチャンスと捉えることも良いでしょう。

それよりも、ライブドア事件以来、下げ続けてきた振興市場の下げ止まりのきっかけとなるのか、そちらの方が気になる方が多いのではないでしょうか!

24日の新興市場は、確かに主力銘柄で大幅高を演じる銘柄も多く見られました。

--------------------------------

日経225にも効果的です。
   ↓↓

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 16:27 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

彼等とお友達になる

参院補選は一勝一敗!自公沖縄で勝つも相場は踊らず!

23日の日経平均は、先週末のニューヨーク市場でダウが最高値を更新し、また統一地方選挙で革新の砦だった沖縄参院補欠選挙に勝利したにもかかわらず、寄付きこそ大幅高で寄ったもののその後は、徐々に値を消し終わってみれば、2円75銭高と辛うじてプラスで引けました。

政局がどうであれ、日経平均の長期トレンドは上方向で変化無しですが、力のない相場が続いております。

ここで外人投資家の動向を見てみますと、中国に発した世界同時株安後、寄付き前の外国証券経由の売買動向では売り越しが多く続いています。一方、週間投資主体別動向については、四週続けて外人は買い越し、反対に個人が売り越しとなっています。
この動きを貴方はどう見ますか?

思い起こしてみれば、去年の8月、季節要因ということで売ってきていた国内勢を尻目に、外人は市場まれに見る買い越しということで、国内勢は完全に裏をかかれた状況で、そこから大幅高を演じたことは記憶に新しいことです。

ここには、長年相場を見てきた私としては、ただならぬものを感じます。

一つは、外人の「下げるべき時に買い、上げるべき時に売ってくる」売買の上手さ。
そして、それ以上に今回の「仕掛け」は腰が入っていることです。
「下げるべき時に買い、上げるべき時に売ってくる」のはまだ仕込んでいる証拠です。

何を意図してこの様な仕込を行っているのでしょうか?
私は、ずばり「日本の金融資産」と読んでいます。

「郵政民営化」は悪くないとしても、「民営化」された暁には一部の貯金は株式市場等の金融市場に流れ込むのでしょう。
その時、彼等外国勢は当然その資金を狙ってくるはずです。
いや、もう既に狙っているから安いところを仕込み続けているのです。

このお金の動きを読み違えると、貴方の投資資金も彼等の餌食になりかねません。
かと言って、彼等に逆らって勝てるものでもありません。
むしろ利用すべきです。

彼等がどう考え、次にどんな手を打ってくるかを読み、「彼等とお友達になる」投資法を考えれば、貴方は、この「仕掛け」を自分の「チャンス」として、大きな利益に結びつけることができるでしょう。

--------------------------------

日経225にも効果的です。
   ↓↓

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 15:30 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

日経225とデイトレを同時に行う

日経225先物売買は諸刃の剣!勝ち続けるための勉強を!

株式投資には、株主となり何年もその会社の株式を持ち続ける長期投資から、数ヶ月や数週間で売買をする中期投資、数日の短期に利益を求めて売買する方法そして、「デイトレード」という方法など様々な投資の方法があります・・・。

また、最近では日経225ミニに代表されるように、少ない保証金で個人投資家でも売買が可能になってきた先物取引の人気が出てきています。

今日はこの日経225とデイトレを同時に行う「日経225デイトレード」について触れてみたいと思います。

一般的に「デイトレード」は一番投機性の強い「ギャンブル」に近い投資法ということが言えます。

更に、日経225先物も保証金取引ということで、勝負が早く、直ぐにレバレッジ効果で大きな利益につながる代わりに、損する時も数分、いや数秒ということが現実に起こります。

まだ救われるのは、早く対処すれば「競馬」や「競輪」のように
元金まで失わずにすむということです。

そこで、貴方がこの「日経225先物デイトレ」で勝つためには、それなりの必勝戦略なるものが必要となってきます。

貴方の大切なお金を「デイトレ」で短期に何倍にも増やして行く戦略です。

事実、やり方さえ間違わなければ、普通の主婦で短期間に何百万円もの利益を出せた方法でもあります。

逆の発想から考えれば、短期に大きく増やすには「デイトレ」もしくは「デイトレに近い方法」しかないとも言えます。

反面、「デイトレは儲かる」というような人の話や雑誌の記事に誘われて、何の戦略も戦術も持たないまま「デイトレ戦線」に臨めば、例え「デイトレ」に情熱を燃やす貴方でも討ち死にすることもあるのです。

そこで、日経225デイトレに必要なテクニックや知識、分析法などを研究しておくことが大切です。

------------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 15:25 | TrackBack(1) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

大変なこと?

ショートレンジの下値支持線を切ってきた東京市場のテクニカル的注目点!

19日の東京株式市場は日経平均で一時400円を大きく下回る水準まで下げ、ヒヤっとする場面を経験した方もあったのではないでしょうか?

この日の市場は、中国のGDPが好調との予測から、更なる金利の引き上げの可能性を先取りする形で中国の株式市場が大幅に値を下げたことから、NYの堅調な動きには反応せずに、大幅安水準からは戻したものの、結局295円安で引けました。

テクニカル面で特筆すべき注目点は、3月16日ザラバ安値16644円と4月2日ザラバ安値の16999円を結ぶショートレンジの下値支持線を下回ってきたことです。

これは大変なことと思われる投資家の方がどのくらいいらっしゃるか解りませんが、実は、ロングレンジの変動幅内の動きと見るチャーチストの方もおられるのではないでしょうか?

それでは、もう少し深く見ていきましょう!

そこで、例によって日足のチャートを紐解いてみますと、先に言うロングレンジの変動幅とは、昨年11月26日のザラバ安値15616円と、3月5日ザラバ安値16533円を結んだ線が、ロングの下値支持線、上値抵抗線は、昨年10月24日の高値16902円と今年2月26日18300円を結んだ延長線ということになります。

従いまして、このレンジで中・長期投資を実践していた方は、当然まだ糊しろのある水準が19日の日経平均ということになります。

目安としては、約17,000円を切ってくるとこのトレンドが大きく変動し、長期の調整局面を迎えることになります。

中・長期的に見れば、上記ロングレンジの間にあるうちは、まだ、長期の上昇トレンドにのっているのですが、一つ心配なのは、好材料に反応しなくなってきていることです。

また、NYよりやはり貿易量が増えた中国の市場の動きに、あの世界同時株安から呼応するようになってきたことも、これから投資するうえで見逃せなくなってきています。

--------------------------------

日経225にも効果的です。
   ↓↓

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 16:27 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

実はとても合理的

力ずくで相場を支配する投機資金を利用することを考えよう!

株式市場には往々にして不条理の部分が多く存在します。

しかし、あれも相場、これも相場で片付けられることが常です。
つい最近、中国市場に端を発した世界同時株安は、投機資金の意図的な動きと思うのは私だけでしょうか?

現在の投機資金は、資本市場を遥かにしのぐ額が世界中の投機市場を駆けまわっています。

この膨大に膨れあがった投機資金は、時には私たちの思惑とは全く異なった動きをします。

その動きは、時には暴力的に見えますが、実はとても合理的で確固とした裏づけを持った行動をしています。

近年では、原油や素材価格の高騰、先には、少し古い話では、世界通貨危機(イギリスポンド、インドネシアルピア、タイバーツ、韓国ウォン、ロシアルーブル等々の大幅下落)を引き起こしたのもこの投機資金です。

しかし、先ほども申し上げましたように一見暴力的に見える投機資金ですが、原油の高騰にしても、イランの原発問題と中国などの新興国の需要増大、通貨危機にしても各国の経済力・国力とのアンバランスが裏づけとしてあったわけです。

一転我が株式市場に目を転じてみれば、個人投資家を中心に信用買い残が歴史的に膨れ上がっていることは、株式市場のウイークポイントで、投機資金につけいる隙を与えていることに他なりません。

このような状態の時には、市場を操作し易くなります。
それが最近では世界同時株安だったことを思い出してください。
この手の動きは、ある程度注意はしていて解ってはいても、いつもやられてしまう方も多いと思います。

彼らの上手さには舌を巻いてしまいます。

昨日、再度下降して前回の下値を切ったら要注意と指摘しておきましたが、各種テクニカルでは、陽転サインが示現してきています。

多くの個別銘柄が下値を切ってきたことで2極文化の調整が長引くと認識する反面、テクニカルの好転を利用して、投機資金の先物買いが、力ずくで大幅高を演出することにも心を配っておきましょう。

-------------------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・


「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 16:43 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

テクニカルでは堅実な動き

日経平均反落も株価バイアスに変化なし!

17日の東京市場は、前日のNY市場の堅調な動きを引き継いで大幅高で寄り付きましたが、戻り売り圧力に押され、値を消す銘柄が続出、結局マイナスに転じ100円安の17527円で引けました。

しかしながら、寄り付き段階で17750円を上回っていただけに残念な内容でしたが、表面的な値動きとは異なり、テクニカルでは堅実に階段を上がっている内容となっていることが確認されています。

ここのところの新興市場の低迷は、個人投資家の市場への参戦がはかばかしくないことを如実に物語っていますが、高水準の信用買い残が上値の重石となっ新興株中心に売られ、現物株指数の足を引っ張っているかっこうです。

このような相場展開では、株価はどうしても一進一退を繰り返しながら、上値のシコリを解消していかざるを得ません。

ある程度、株価の調整は済んでいますが、日柄の調整に時間がかかっているところです。

今後の最良のパターンとしましては、テクニカル指標が陽転中に一度上値抵抗線を抜いておきたいところですが、一方、先日指摘しておきました狭いレンジでの上下ではなく、比較的中期の広い幅のレンジ動きのも着目しておくべきでしょう。

そこで、出来る限り狭いレンジの抵抗線を抜けた後、一旦目先調整を経て、再度上値にトライしていくことを期待したいところです。

当然、目先調整した時点で17000円を割らないことが大切です。

ところで世界的な鉄鋼業界再編の動きを受け、鉄鋼株が物色されていますが、更に注目すべきは、世界規模で起こりつつあるTOBやM&Aの対抗策として、体力が完全に回復した金融機関との連携(過去の株式持合いを含めた)を模索する日本企業の動きが活発化し始めています。

金融機関も体力を維持するために持ち合い株を売り続けてきましたが、ここへきて再度企業との連携強化に動きつつあり、株式の保有比率を引き上げていくと考えられ、市場の下支え要因になりそうです。

----------------------------

日経225にも効果的です。
   ↓↓

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 15:20 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

人より先んじる「投資法」

あてにならない人間の感覚!株価水準の高い安いは誰が決めるの?

思い起こせば、4年前の4月日経平均7,603円の大底から本年2月26日の高値18300円まで10000円以上も上がりました。

あの当時のことを考えると、この水準を買うのは恐ろしくなってきますが、反対にバブルの絶頂期のことを考えたら「まだまだ買える」となってしまうから、人間の感覚というものは「ファジー」ということが、いいかげんというか、我ながら恐ろしさを感じます。

よく相場は相場に聞けと言いますが、実際のところここから更に買いあがっていいものか、それとも小休止して安くなったところを買った方が良いのか、悩まれていらっしゃる方もおられるのではないでしょうか?

そこで、こんな時に買って儲かる銘柄を探す術を持っていたら、何と心強いことでしょう。

そんなものある筈ないだろう、と思うのはまだ早いです。
中・長期のトレンドが陰転していない限り、必ず循環物色は続きます。

以前このブログでも申し上げましたが、新日鉄とトヨタに代わってソニーの台頭が著しいと指摘しておきましたが、この三つの銘柄の今後の軌跡をたどって見いくと、見事に明暗がはっきりと現れてくることが理解できる筈です。

それでは、新日鉄やトヨタはもう役割を終えたのでしょうか?
実はそうともいえないのが相場です。

いつも、言うことですが、「人の行く裏に道あり花の山」です。

常に先回りして多くの人が「お花見」でうかれている時、貴方は、既に「田植え」の準備をしていればよいのです。

人より先んじる「投資法」を研究してみてください。

今の利益の2倍以上は獲れるようになります。

儲かってない人は、必ず儲かるようになります。
がんばりましょう!

-----------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 14:30 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

東京市場のこれからは?

上昇トレンド中の短期調整局面か?それとも完全陰転するのか?

先週末の東京市場は、先物主導で売られ1400を超える銘柄がマイナスで引けました。

特に、週末の取引では、ワシントンで開かれていた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の声明で「アメリカの不動産バブルの崩壊による、先行きの景気への悪影響」「更に、堅調に景気が推移しているEC通過ユーロに対しての円安懸念」の声明が盛り込まれるのではないかという不透明感が更なる売りを誘いました。

日本時間の土曜日に発表されたG7声明では、上記の懸念材料には触れず、「世界経済はリスクが残るが、過去30年で最も力強く拡大している」という議長声明を採択して閉会、世界経済に楽観的な見方をしめしました。

そんな事より、多くの投資家の皆様は、「我が東京市場はここからどうなるのだ!」とご心配の方々も多いのではないでしょうか?

そこで、上記のファンダメンタルズは素直に受け入れるとして(不安材料はあるが)、テクニカルの面で予測をしてみたいと思います。

チャートを毎日眺めていらっしゃる方は、もう、お分かりの方もいらっしゃると思いますが、主力銘柄が今までの新日鉄・トヨタと、ここのところ入れ替わって、ソニーが台頭してきていることに注目されていらっしゃると思います。

そこで、相場全体の動きですが、注目しておかなければならないのは、ゆったりとした右肩上がりのトレンドの中で上下しながら上がっているということです。

具体的には、3月12日の高値と3月26日の高値を結んだ延長線を上値抵抗線に、3月16日安値と4月2日安値を結んだ延長線を下値支持線としてこの間を上下しながら上昇しています。
この流れを相場に応用すると良いと思います。

できればこの下値支持線を割らない流れで循環物色が継続することを願いたいですね!

----------------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 17:06 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

どの分析法にも長所と短所

テクニカルで勝ち続ける男の本音!

昨日(12日)の東京市場は、主力の銘柄中心に売られ、日経平均ベースで129円65円安の17540円42銭で取引を終わりました。

多くの銘柄が下げる中、今回訪日した中国の温家宝首相が、国会演説や経団連との会合で日中経済の連携強化に向けた協調姿勢を示したことを好感し、中国銘柄の中心的な存在である鉄鋼株が軒並み高でしたたが、全般的には、一本釣り銘柄はあるものの終始低調な取引でした。

株式市場では、毎日様々な材料が複合的に飛びかい、相場全体が何を持って買うか、反対に何を材料に売るかが問題になります。

ところで、私の知人に、このような材料による銘柄売買ではなく、株式投資本来の「売買タイミング」を測る方法としての「テクニカル分析」を駆使して連勝している方がいます。

彼は、株価材料には一切目をむけません。

なぜなら、「ただの一個人が数多ある株価材料に目を向けたところで、全ての材料を把握できるものではないから」と言っていました。

だから、彼はテクニカル分析一本で投資しているそうです。

ある時彼に、「テクニカル分析には、理論的背景の異なった色々な方法がありますが、これらの様々な方法を貴方は確実に儲けるために、どのように活用していますか?」と尋ねたことがありました。

彼曰く、

『どの分析法でも「帯に短し、襷に長し」でそれぞれ長所と短所をもっています。その欠点を克服しない限り、株式投資で儲け続けることはできません。続けて儲けることが出来ないということは、株式投資ではパフォーマンスが大きく落ちます。そこで、テクニカル分析を十分に使いこなして連勝に結びつけるには、それぞれの欠点を補完し合うような「分析法」を2・3併用して用いることです。』

ということでした。

私のシミュレーションでは、彼のやり方はとても有効ですよ。貴方も研究してみては!

-----------------------

日経225にも効果的です。
   ↓↓

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 16:28 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

元の鞘におさまる

株式投資格言「株価の里帰り」

株価は底値から上昇バイアスに乗って上がり始め、ある一定期間を経て再度下がり始めて、元の底値に戻ってくる習性があります。

投資家全般に言えることなのですが、どんな銘柄を買うにしても
多少は前の高値や安値が気になるものですね・・・。

自分の買値がこの株の過去につけた価格のどのあたりに位置するのか知っておきたいという、裏を返せば知って安心感を持ちたいという心理のあらわれなのでしょう。

そこで日本の代表的な優良銘柄のソニーでこの「株価が元の鞘におさまる」を検証してみましょう。

例によって、月足チャートブックを持っている方はソニーを開いてみてください。

チャートブックのない方は、ヤフーへいってファイナンスをクリックしてください。

真中の上段に検索がありますので、そこに「6758」とソニーのコードナンバーを入力して「検索」をクリックしますと「ソニー」のページが開きますので、「関連情報」の「チャート」をクリックしてください。

するとソニーのチャートが表示されますので、「期間」の項目の「10年」をクリックしますと過去10年分のチャートを見ることができます。

とてもロングですが「株価が元の鞘におさまる」のが確認できますね。

この例では長い期間の検証ですが、数週間の場合もあれば数日の時もあります。

タイミングさえ間違わなければ、本来はリスクヘッジに利用する「信用の空売り」が有効で、利益を確実に取れることもお分かり頂けるとおもいます。

特に、何の理由もなくただ需給だけで上げた銘柄は、ある日突然出来高を伴って急騰したかと思えば、数日中に一気に下げてもとの位置に戻ってきます。

俗に言う「行って来い」という状態です。

たまには「買い」ばかりでなく「売り」でも取らないと、効率の良い投資はのぞめません。

「株価の里帰り」覚えておきましょう。

------------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 16:45 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

多くの投資家が見落としている指標

賢い投資家は先物の動きに敏感!応用術を身につけよう!

ここのところの相場は、一昨日のように大きく上げてそろそろ反騰体制にはいるかな?と思わせるような動きを見せながら、やはり買い上がるエネルギーに欠けているようです。

そこで、今日は「テクニカル分析」とは別に、デイトレから中・長期投資まで、皆さんが見落としているが、案外役に立つ先物の動きを応用した投資法をご紹介します。

まず、「デイトレイド」の場合、ほとんどの「デイトレイダー」は「板情報」を参考にして取引を行っていらっしゃると思います。

そこで、この「板情報」を見ていますと、下板に厚く買い物が入っていたのが、急に買いをひっこめたり、直下の値に買いを入れず相当下値に買いを這わせたりする動きや、今まで上板の売り物は薄く買い優勢だったものが、急に売り物が出てきたりと刻一刻変化して行きます。

このような時は、大体先物に売りが出て下げ始めた場合が多いのです。

この反対の動きの時は、先物に買いが入り始めた場合です。

賢い「トレイダー」は、先回りして「ザラバ中」でも先物の動きを追いながら売買していることが良くわかります。

それでは、中・長期の相場の動きを先物で測ることができるのでしょうか?

これも先物で推し測ることができます。

ご存知のように、先物には「限月」があります。
例えば「1限月」「3限月」「6限月」のように数ヶ月先の日経平均が売買されています。

そこで相場の先行きを知るには、現物に比較して、先の限月が安ければ「相場は下降傾向」、反対に高ければ「相場は上昇傾向」ということが解ります。

これは、多くの投資家が見落としている指標と言えるでしょう。

どうか、参考にして儲けてください!

------------------------------

日経225にも効果的です。
   ↓↓

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 16:53 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

株は政策にあり

政治的イベントを一山超えたが、本日はテクニカルで注目の日です。

週明けの東京株式市場は、参院選の前哨戦とも見られた、統一地方選の前半戦で大きな波乱がなかったことで、現段階での政策変更はないものとの判断と、米国の3月の雇用統計が事前の予想を上回ったことから米景気に対する警戒感が後退し、円高が加速して1ドル=119円20銭から30銭と輸出関連株と主力銘柄への買い安心感が広がりました。

テクニカル面では、常々折りに触れて言及しておりました、上値抵抗線(3月12日高値と3勝ち26日高値を結んだ延長線)にほぼ接するところまで上げてきました。ここからもう一段、抵抗線破りの上昇トレンドを描くか、それともトレンドライン内の波動で上昇するか、いずれにしても目先のキーポイントにさしかかってきました。

ただ、押したところは買いのスタンスは維持して構わないようです。

ところで、今日は何故、選挙などの政治的なイベントがあると株価は大きく影響されるかを理解しておきましょう。

お金は不自由や拘束されることを好みません。
例えば「政治的な不自由」「規制」「低金利」「税金」「リセッション」などはとても嫌いです。

なぜでしょうか?それは、お金は本性を生かして自由に増殖したいからです。

また、増殖しても「不当に高い税金」などで利益を多くをもっていかれてはもともこもないからです。

お金は、そんな場所からは、さっさと逃げ出してしまいます。
また、増殖しようと市場に参入してきた時、「あれしちゃだめ」「これしちゃだめ」「こうしなさい」という規制をかけられ、増殖を妨げられることも最も嫌いなことなのです。

つまり、時の政府の「政策がお金にとってリベラル」なのか、
それとも「大きな規制をかけてくる政策」なのかで、株式市場へのお金の流入量が大きく変化するわけです。

「株は政策にあり!」。実はとても大切なことなのです。

-------------------------

日経225にも効果的です。
   ↓↓

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 16:31 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

わかりきっていると言われても出来ないのが人間

株式相場!安く買って高く売るだけなのに何故儲からないの!

株式市場は「山あれば谷あり」。
安いところで買って高いところで売る。
又は、高いところで売っておいて安いところで買い戻す。
簡単に言えば上か下かの確率50%なのに、なぜ儲からない方が多いのでしょうか。

わたしのところへ、最近、HPを通して質問がたくさん来ますが、その多くはこんなにいい相場なのに、儲からないのでどうしたら良いのか?という問い合わせです。

考えてみれば、当然なのですが、圧倒的に株式投資は「買いオンリー」で臨んでいる方が多いのです。

先程申しましたが株は「山と谷」を繰り返す訳ですから、下げの波動の期間も買ったまま、ただ下げるのを打つ手もなく見ていたり、中には買い向かったりする方もいるのです。

冷静に考えてみれば解ることですが、それでは必ず引かされることになります。

わかりきっていると言われても出来ないのが人間、「上げ始め」と「下げ始め」をきっちりと判定できる「テクニカル分析」の力がなければ利益を出すことは難しいということです。

ところで、今後はどのように相場に対応すれば良いのでしょうか?

まず、3月26日のザラバ高値を、4月4日にめでたくクリアーでき、第一関門は通過しました。

これで、相場の下げ止まりは一見阻止できたかに見えますが、そこは、株式相場!

できれば上値抵抗線(3月12日高値と3勝ち26日高値を結んだ延長線)もクリアーしたいところです。

一応上昇トレンドは確認できてはいますが、先週末の押し目は絶好の買い場ともいえます。

この押し目で前の安値を下回ってこないことを願うばかりです。
(これは買い方の気持ちで記述していますが、本来は、上げ下げ両方で利益を出すために信用口座を持っておくことは重要です。)

できれば、テクニカルで分析してカラ売りでも利益をだせるようになりましょう。

-----------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 18:04 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

株価チャートを研究している方(チャーチスト)の知識を拝借!

今日は、日々の相場のコメントを離れて、相場に勝つための普遍的な知識をお話しいたします。
相場の節目、節目で、応用するようにしましょう。

株価が大きく調整する場合には「二点天井鬼より怖い」と相場格言で恐れられているように、チャートの形状には、案外「調整のシグナル」が表れるものです。

全てではありませんが、良ければチャートをご覧になって確認してみてください。
その形状は、山がチャートの頂上付近に二つできる形をしています。

これと反対に、大きく調整をして底を打った銘柄はW型の底を形成します。
人によってはΩ波と呼ぶ人もいます。

W底は一般的な呼び名ですが、Ω波を使う人は少ないようです。
形の上では、底値近辺で二つの「ボトム」が現れれば下げ完了から反騰に移るパターンが多いので、チャーチストの間ではとても重宝な上昇シグナルととらえているようです。

しかし、100%底打ちシグナルかと申しますと、そこは株式、そう簡単には問屋が卸しません。

W底ならぬトリプル底もあるので困ったものです。
ここで、先程のΩ波を使う方々が単にW底と言わない理由があります。

それは、彼等がオーム波と呼ぶ場合には、上げ約26日、下げ約26日、計約52日でΩ波が形成されて、底打ち完了と判定している点です。

つまり、相場が底打ちを完了するには、株価が2回以上同値近辺まで下がって来ることに加え、日数の経過、つまり日柄調整も必要と考えていることです。
これは、とても大切なことです。

現在の相場の動きを見ていますと、調整基調が強くなっています。

今後の流れで、上昇シグナルを見落とすことなく、チャンスをものにして下さい。

------------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 15:00 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

NYに追随!完全陽転もスピード違反の感が強い東京株式市場!

4日の東京株式市場は、3日のニューヨーク株式市場のダウが128ドル高だったのを受けて、寄付きから150円以上高く寄りました。

更に、為替が一時119円台に乗せ、新興中国・インド株等が上昇したことを受けて一気に買い安心感が広がり、終わってみれば300円高の大幅高でした。

前日まで私が危惧していた最悪の事態は避けられただけでなく、あっさりと3月26日の終値の17522円を上回って引けたばかりでなく、26日のザラバ高値17558円をザラバで一時抜いてきました。

このことから、指摘していた悪いシナリオは全て払拭されたばかりでなく、一方の良いシナリオの抵抗ラインも全て撃破してきました。

もう怖いものなしといきたいところですが、いかんせんスピードが速すぎます。

このぶんで行けば、上昇トレンドに乗っていく過程は確認できましたが、スピードが速い分だけ押し目をつくって更に上昇してもらうことが、買い方にとってはチャンスを見出せる流れといえます。

ここで、日足チャートをご覧ください。

3月12日高値と3月26日高値を結んだ直線が、上昇トレンドラインの上位線ですが、ここを破ってきたらいよいよ2月28日の下げの下マドを埋め、18000円への再度の挑戦という期待が高まってきます。

今後の動きが気になるところですが、この強さを持続して欲しいものです!

------------------------------

「株ぞう」

日経225にも効果的です。
posted by 美樹本恵吾 at 15:00 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

「はらみ線」の示す株式相場の先行きは!第一関門通過か?

3日の東京株式市場は、この日一日に関する限りは、最悪のシナリオとはならずに済みました。

昨日、指摘しました最悪のシナリオとは

『今回の下げ若しくは次回の下げで、3月14日の安値16629円を下回らないことです。
当然、下値抵抗線の16800円どころを下回らずに反騰すれば、3月30日のザラバ高値17381円に挑戦する足取りとなる可能性も大いにあります。
逆にここを切ってきますと、3月14日の安値を下回る可能性もあり最悪のパターン、つまり長期調整局面が現実味を帯びてきます。』

という内容でした。

ところで3日の日足チャートを見て頂きますと、2日の大陰線が3日の小陽線を包み込むような形の「はらみ線」となっています。

ここで、この形が示現した直近を例にとってみますと、3月5日6日と3月14日15日の2回示現しています。

お手許に株価チャートのない方は、「ヤフー・ファイナンス」で確認してみてください。

そこで確認しましたら、その2回がそれぞれ示現した後の相場の流れはどのようになっているか読み取ることが出来ますでしょうか!
そうです、はらみ線が示現した翌日は陰線を付けていますが、大引けではそれぞれ2日前の大陰線を下回らずに引け、次の日は2回とも、終値で大陰線の始値を抜く陽線でひけています。

その後は、ご存知のように反騰する流れとなっています。

この例から見ますと、本日陰線から明日(5日)は陽線で2日の大陰線を抜けてくる、という読みが成り立つわけです。

しかし、そこは株!そんな簡単に同じパターンになりましょうか?

テクニカルやチャーチストは上昇を決め込むことは、やぶさかではないでしょうが、本日(4日)にもし終値で2日の安値を下回って引けたら、前2回のパターンは脆くも崩れさることになります。

まだ、この時点では、相場の行方は、上か下か決定していなということです。

------------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・

「株ぞう」
posted by 美樹本恵吾 at 18:26 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

目先の安値を更新した東京市場、今後が気になるところ!

2日の東京株式市場は3月29日のザラバ安値17036円をあっさりと割ってしまいました。

この大きな陰線が意味するものは果たして?

今後を占う上で、2日の日経平均が完全陰転した分岐点は、弊社分析では、17189円です。

前日比で申しあげますと、約97円安を割り込んだ時点でした。

ザラバを監視していた私としても、どうかこの線を割り込まないようにと願っておりましたが、残念ながらその願いは通じなかったようです。

2日の相場は、17190円を割り込んでからは(分析上陰転してからは)一気に持ちこたえていたタガが外れてしまったかのごとく、あれよあれよと言う間に、先物安につられて値を下げました。

それでも、3月29日のザラバ安値17036円を割り込まなければ救われたのですが、そのデッドラインさえもあっさりと割り込んでしまいました。

エリオットでいう、下げの第3波に突入したことになります。

このようにお話すると、今後の、流れが気になる投資家のみなさんも多いのではないかと思いますが、まず良い方のシナリオから申し上げますと、今回の下げの第3波が終了した後、切り替えした段階で、3月30日のザラバ高値17381円を抜いてくることが出来るかが問題です。

その前提としては、日々の分析で短期指標が陽転して更に中期・長期の指標が陽転することが望ましいのですが、果たしてどうなるでしょうか?

反対に最悪のシナリオは、今回の下げ若しくは次回の下げで、3月14日の安値16629円を下回らないことです。

当然、下値抵抗線の16800円どころを下回らずに反騰すれば、3月30日のザラバ高値17381円に挑戦する足取りとなる可能性も大いにあります。

逆にここを切ってきますと、3月14日の安値を下回る可能性もあり最悪のパターン、つまり長期調整局面が現実味を帯びてきます。

今週の相場は、目を放せなくなりそうです。

---------------------------

「株ぞう」

日経225にも効果的です。

posted by 美樹本恵吾 at 15:00 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

投資法は売買期間の長短で分類されるが、結局基本は同じ!

短期売買といてもその運用の仕方によって、色々な種類があり、
その売買時間の長短によって分類できます。

最近の株式市場は、インターネット取引が盛んになり、個人による短期売買は、手数料が大幅に安くなって、更に盛んになってきていますが、反面、投資技術はとても難しくほんの一部のスーパートレイダー以外は儲かっていないのが実情といえます。

それは、短期売買の種類によって、裏付けとなる情報ツールの比重が変わってくることもあり、何を自分の投資スタイルに合った情報ツールにするべきかの認識か間違っているからでしょう。

一般的に、1日で売買を成立させる売買手法を「デイトレイド」といいまが、その「デイトレ」のなかでも、数分でわずかな値幅を取る手法を「スカルピング」といい、「デイトレイド」と並んで重要視しなければならない情報ツールは、何と言っても「板情報」です。

また、2日から数日で売買を成立させる手法で、「デイトレ」よりも多少長く、値幅も多くとりに行く売買手法を「短期スウィング・トレイド」といいます。

この方法は「テクニカル分析」を情報ツールとして使用した方が確実に儲かります。

そしてもう一つ、数週間を単位に売買する方法を「ポジション・トレイド」といいます。

この「ポジション・トレイド」は、「板情報」や「テクニカル分析」よりも「ファンダメンタルズ」に依存する比重が高くなります。

ただ、何れにしても「売買のタイミング」は重要で、「売買のタイミング」は「テクニカル分析」で測らなければなりません。

それぞれの売買手法は各情報ツールに比重をつけ、上手く使い分けることが大切です。

これらを念頭に、貴方も、短期売買を研究してみては如何ですか!

--------------------

「株ぞう」

日経225にも効果的です。


posted by 美樹本恵吾 at 15:00 | TrackBack(0) | 株式情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。